スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続、クワガタ天国。
今日は、あさまん家の大物カップルたちを紹介します。

まずは、マキタイギラファノコギリクワガタ。(長ッ)
このコたちは、オタクな大人や子供たちのワンダーランド、
ランバージャックで、全長1センチほどの幼虫で購入し育ててまいりましたの。
2013 10 01 2
ギラ男です。
全長10センチ。スリムでカッコイイです。
羽化後、後食が始まって間もないせいか、まだ大人しいです。


2013 10 01 3
ギラ男の立派な大アゴ。ステキー。


2013 10 01 4
マキちゃん。お肌ピカつるですよ。
全長6センチ弱。
このコは、羽化後地上に出てくる際、勝手に蓋を破って出てきて、
朝、食事中にちび太が発見。

白い壁の天井付近でジッと張り付いていたので、
巨大なゴキ〇リと思い絶叫しました。
ごめんね、マキちゃん。


2013 10 01 5
そして彼、マンディブラリスフタマタクワガタ(長ッッ)の、

マンディ介。
全長9センチ。太くてガッチリ体型なので、ギラ男より大きくみえます。

我が家一の暴れん坊です。
見るものみいんなに襲い掛かります。
一度、ちび太がプラケの蓋を開けっ放しにした時に脱走し、
おかんが襲われましたよ。(恐)


2013 10 01 6
この大アゴで襲われましたー。
でも、元気でヤンチャ坊主なのでかわいいです。


2013 10 01 1
マンディ介の許嫁、ブラ子です。
全長4センチ。
マンディ介とは対照的に、おだやかな子です。

このカップルは、夏休みに行ったむし社で、
ちび太が床上地団駄攻撃で行ったくじ引きで二等を引いて、めでたく獲得した子たちです。

みなさん、長生きしてほしいです。




スポンサーサイト
クワガタ天国。
現在の、あさまん家のクワ情報。

まずは、今は亡きキン次とパプ美の愛の結晶たち。
この夏休みから続々羽化中のパプアキンイロクワガタです。


2013 09 30 1
上の茶系がパプ代。下がパプ江です。


2013 09 30 2
上段、左がパプ美二世。右がパプ奈。
下は・・・、

なぜかうちに迷い込んできたアオドウコガネのカネ男が同居しています。

パプたちは昼行性。コガネムシは夜行性なので、棲み分けができているようですが、
たまーに昼間ご飯を食べています。

皆さん、ケンカすることなくおだやかに仲良く暮らしていますよ。


2013 09 30 3
そして、待望の男子、羽化第一号。
キン太二世です。

彼らは、菌糸ビンの中で羽化後、飲まず食わずで一か月ほど過ごし、
頃合いを見計らってゴソゴソと地上に上がってきます。
そして、ご飯を食べ始めるのです。

そうなると、すぐにプラケに移してあげるのですが、
数日は歩き回ったり、しきりに羽を広げて飛んでみたり、落ち着きがないです。

ま。今まで手も足も(イモムシだもん)なかったんですから、
動き回れるのがうれしいんでしょうね。

2013 09 30 4
次男キン介。
彼はイモムシ時代、新しい菌糸カップに移したあと、
ぜーんぜん菌糸を食べている様子もなく、うんともすんとも言わなくなり、
周りを心配させたのですが、どうやらすぐに蛹になっていた模様。

菌糸をほじくり、蛹、そして羽化を確認したのですが、
なんだか菌糸にまかれて死んでしまいそうだったので、早々とプラケに移しましたよ。

動き回るようになったら、ご飯をあげようと思います。


2013 09 30 5
パプキンのお手手には、小さな(本体も小さいけど)鎌がついていて、
これで草を切って、その汁を吸うんだそうな。
このコたちは、ゼリーを食べるので必要ありませんな。

まだ、男子はあとキン蔵、キン次二世が潜伏中です。

ああ、パプキン天国、だけど、まだいます。



パプジュニ。
今日はパプジュニをご紹介。

パプアキンイロクワガタのパプ美とキン次の子供たちです。

いつぞや、幼虫を披露いたしましたが、この夏続々羽化しましたよ。


papu jr 1
羽化は、メスが早いです。
今のところ、メスが三匹。羽化してから一か月ほどは土の中で何も食べずに過ごし、
土の中から出てきたところを、プラケに移してゼリーをあげます。

緑系がパプ江。茶色がパプ代。
別なプラケにパプ美二世(緑)がいます。

ネーミングセンスに関しては自信があります。


自由研究に、
夏休み中の事ですが。

巷で宿題難易度№1かと思われる、自由研究。
ちび太の学校では、3年生からデビューです。

お題目は、王道にならって観察ものにしようと思っていたのですが、
まさかの、実家のじいちゃんの心筋梗塞!(今はもう元気)で
実家にいる事が多く、また、親子して自由奔放な性格が災いして断念。

一日でできる一発ものにしましたよ。


papu jr 2
じゃーん。

標本作りです。

今は亡き、ホソアカのホソ吉、オウゴンオニの成之介に、永遠の美しさを・・・。


papu jr 3
お亡くなりになってから、だいぶん経つのでもうカチンコチン。
お湯でやわらかくするのですが、これが大変だったんですの。

昆虫針で、美しいプロポーションに仕上げていきますよ。
ホソ吉です。
ま、細かいツッコミはなしで。


papu jr 4
雑誌を見ながら、テキトウに進めていた所、衝撃の事実が!

針で固定した後、1~2か月乾かすんですと!

ま、間に合わねえ。

ので、ちび太レポートを無理やり前後編に仕立てました(爆)

ちび太レポート、100パーセント、おかん監修。
来年、ちび太に自立が望めるのか!乞うご期待。

と、まあ無事レポート仕上げて、
始業式前日の夜、何気に学校で配られたプリントを熟読していたら、

さらなる衝撃の事実が!


理科系のレポートは4年生からですと!




久々の虫。
すっかり、ブログをサボっていましたよ。
もうすっかり梅雨に入り、曇っていて撮影日和ではありませんが、

我が家の虫たちを撮ってみましたよ。


2013 06 15 1
キン次。 パプアキンイロクワガタの♂です。
お食事中のところ、引っぺがしたのでゼリーだらけだわ。


2013 06 15 2
今日は、ちび太のヘソクリで購入した、
オリンパスのコンデジで撮影してみましたよ。やっぱマクロいーわー。


2013 06 15 3
パプ子二世。♀。
パプキンの寿命は3か月と言われていますが、パプ子は2012年9月生まれ。
無事10か月目に至っております。
このまま長生きしてもらいたいです。


2013 06 15 4
ちっこいです。


2013 06 15 5
うーん、マクロいい。


2013 06 15 6
そして、この方たち。


2013 06 15 7
パプキンの幼虫です。
このコたちは、今年の2月にキン次と共にやってきたパプ美♀の子供たちなのです。


2013 06 15 8
残念ながら、パプ美は早逝してしまいましたが、
8匹の子供たちを残してくれましたよ。(涙)

写真のこのコは、おしっこちう。


2013 06 15 9
菌糸びんの中で、すくすく成長中です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。