スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまちゃんがっ!!!
金曜日の朝、おかんは衝撃の現場を目撃したのです。


そしてカノジョの事実が判明!




ヤンチャ系代表たまちゃんは、オンナノコでした~!!
tama puso huevos 1


どうしてわかったかと言うと、


tama puso huevos 2

タマゴを産んじゃったんです!!!



お魚の産卵って、受精してから産むんじゃなくて、
産んでから♂が、精子ちゃんを卵子ちゃんにかける事によって、受精するんですが、



じゃあ、お父さんは誰?


それは~~~ジャカジャカジャカ



tama puso huevos 3
もこりんです!!



tama puso huevos 4
もこりん、追います。
♂が♀のお腹やお尻をつんつんする事によって、排卵を促します。


tama puso huevos 5
カボンバの茂みに追い込んで、ツンツン。


tama puso huevos 6
いつものたまちゃんなら、追われようもんなら反撃してドツキ返すのですが、
今回は怒りません。

産卵時の♂の追い込み方って、♀の尾ひれがボロボロになっちゃうくらい激しいらしいのですが、
もこりんは生後1年8か月、たまちゃんは生後8か月のチビチビちゃんなので、(ふたりとも想定誕生月3月)

お子ちゃまの鬼ごっこぐらいにしか見えませんでした。


金魚の産卵適齢期は、かぞえ年で3月以降の弐歳以上だと言う事なので、
たまちゃんはまだ年端が行ってないのです。

タマゴも未熟かも知れないですね。
適齢期の卵の数はそれこそ何百って数らしいのですが、今回は100も満たない数でした。
おかん、確認のために全員のお腹を摩ってみたんですのよ。
卵がでたのは、たまちゃんだけ。出るだけ出しました。


病気や寄生虫が治まって、メイン水槽に戻った矢先の出来事で、
おかんのまったくの想定外です!

産卵後の卵をどうするのか、稚魚の扱いとかは、ベテランさんのブログでお勉強済みですが、

うちの金魚がドバッと増えるわけですよ。
しかも、東錦×オランダシシガシラなので、金魚屋にも持っていけないすよ。

いろいろ家族計画を暗中模索するおかんの脇で、能天気に喜ぶおとん。

いや、お世話はいいのよ。好きだし。
問題は稚魚保育園が始まるので、おカネかかりそうなのだ。
おとんが喜んでるなら、頑張って生活残業してきて頂きましょう。


おつかれもこりん。
tama puso huevos 7
吸水ポンプに吸われながら爆睡中。

産卵時間は、明け方から午前中らしい。金曜の午後からはずっとみんないつも通り。
次の日からも、何事も無かったかのようです。

でも、これで終わらないんだよね?
一週間後?大潮の日??
やっぱり、ねずみ科の連中みたいに、♂♀分けるしかないのかな。
残念だけど、卵を捨てるって言う選択もあるが、ちび太が泣く。



tama puso huevos 8
マクロないので、見ずらいけど、産卵三日目。
みんなに食べられないように、飼育ケースに保護。
受精卵のうち半分くらい死んでしまい、ただ今20コくらいです。
目玉と背骨が見える・・・。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

にほんブログ村


スポンサーサイト
 
ええええっ!!
たまちゃんがおかーさん!!
どんな子になるんでしょう?やっぱり頭もこもこの東錦??

中学の時、学校で飼ってた金魚が産卵して20匹くらい孵化しましたが、大きくなった子は1匹だけでした~。
卵から見守った金魚、かわいかったです。
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://kencin.blog136.fc2.com/tb.php/93-11f37e64

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。